物語の主役

黒き月の教団

ベイン
ベイン
フォドラー
フォドラー
セーラ
セーラ
???
???
ケフレーン
ケフレーン
インキュバスキング
インキュバスキング

テフドゥイン遠征隊

ピルアン
ピルアン
バトゥール
バトゥール
ミルオール
ミルオール
マルエード
マルエード
エアレン
エアレン
トレジャーハンター
トレジャーハンター
マーリン
マーリン

ベイン

「この者たちの息の根を止めれば君はどんな表情で俺を見つめるだろう。」

抜け目ない策士 フォドラー

「あの方の志を理解しともにする意思さえあれば誰であってもみんな自由の翼を授かる資格があるのよ。」

「私はいつも皆の心を読み彼らが一番怖がったり、欲しがっているものを指し示す役割をしているの。」

「誰にでも切実な望みや夢があるの。それを渇望する過程で必然的に危険だと分かっていても避けられない泥沼にはまるわ。自身の切実さが一番大きな弱点になりやすいものよ。」

「怒りを鎮めなさい。制御のできない感情はあなたを蝕むだけよ。」

身体が弱いため、積極的に活動できないフォドラー。
しかし、彼女は忠実で献身的に教団を支えてきた。
その信仰が認められ、幹部の座まで上り詰めた。

教団員を常に温かく見守り、支えているフォドラー。
しかし、見た目とは裏腹に実際は穏やかな人ではない。
鷹の目のような観察力で人と人の関係を把握し、
卓越した話術で相手の心を鷲掴みにして利用している。

彼女は弱い者の恐怖を突き止めてひれ伏させ、
強い者の秘められた欲望を煽って利用する策士である。

冷徹な指導者 セーラ

「俺は覚悟が出来ている。今度の夜を導けるのは俺しかいない。」

「過ちを正して手に入れられなかった栄光を手にする時が来たのだ!」

「俺はもうじき完全になる。とてつもなく長い年月がかかったが……。」

「無知な奴には何を言っても意味がないか。だがそんなバカにまで目にかけてやるのが、あの方の慈悲深いところだ……。」

かつて、パルホロン艦隊を率いてエリン征伐の野望を抱いていたセーラ。
しかし、艦隊は敗れ、セーラもまた命を落としてしまった。

それから長い年月が経ち、
消えたはずの艦隊の指導者が不完全な姿で再び現れた。
長年その時を待っていた亡霊が目覚め、
3番目の夜を指揮する。
訪れる混沌を追い求める彼の眼差しは
恐ろしいほど煌めいている。

忠実な教団員 ???

「私たちはより良い姿で皆を導くという高貴な命令を受けました。時には壁にぶつかり倒れても、その経験が私をもっと強く成長させる原動力になってくれますから。」

「……あの方は情け深く寛大な心を持っておられますが偽りの約束を結ぶ者には恐ろしい処罰を下されるのです。」

「すべてを手に入れることはできません。ある程度の犠牲は避けられないのですから。」

「あなたの行く手を妨害しようとする奴らを黙って見ていることができなくて。」

明るくてポジティブな???は
今日も黒き月の教団員たちを温かい笑顔で迎える。
彼女はすべてのことに最善を尽くし、努力を惜しまない少女。
どんなことでも教団のためなら率先して動く忠実な信徒。

彼女がこのような固い信仰を持てるようになったのは
小さい時から黒き月の教団で育ったという生い立ちにある。
彼女にとって教団員たちは家族同然の大切な存在なのだ。
特に幹部フォドラーに対しては副官としての忠誠心を超えて
母親のように慕っている。

ケフレーン

「頭というものが付いているなら十分に考えられることだろう?」

4番目の夜の執行者 インキュバスキング

「まさか、まだ私を警戒してるのではないでしょう。大丈夫です。ゆっくりと…ついてきてください。私の立っているところまで…。」

「私はすべてのインキュバスたちを率いて夢の領域を治める者、そして消えた森を世話する管理者でした。」

「想像できますか? 何の意味も持たない者たちが溢れるこの世界で一番意味を持つ、ただ唯一の存在が消えた感覚がどんなものなのか……。」

「私が彼女を失った苦痛に比べれば何でもありません。」

月石の落下は止まっても、黒き月の教団は止まらなかった。
試練が重なった夜、エリンは苦しみ唸り声を上げる。

彼にとって生きていることは悪夢と同じだ。
むしろ悪夢より残酷な現実は彼に絶望感を、叫びを、虚しさと諦めだけを残した。
何も手にすることができなかった男が吐き出した感情は絶望に毒され、悪夢と化した。

彼が支配する夜に安息などない。
幻想と現実の見分けがつかないまま彷徨い、次第に飲まれてしまうだけ。

彼女の周辺に突然何かが現れました。
角、冷たく燃え上がる青い眼光……。

ピルアン

「僕も……僕も分かっています。でも……。いつまでもこうして黙ってはいられません。」

バトゥール

「陛下はおっしゃっていた。ジャイアントは一度受けた恩は必ず返さなくてはいけないってな。」

ミルオール

「ミレシアンさんもいつも気をつけてくださいね。分かりましたか?」

マルエード

「不都合がないよう、しっかりとお手伝いします。」

エアレン

「あなたには指一本も触れさせないわ。ふふっ。」

トレジャーハンター

「しっかりサポートしてやるよ。私がこんなに手伝うなんてすごいことだぞ?私の体は高いんだからな。」

マーリン

「このマーリン様がしっかり力を貸すとしよう。期待してもいいぞ。」

まだプレイしていない方は、無料会員登録!
すでにマビノギをプレイ中の方は…

無料ゲーム・オンラインゲームはNEXON(ネクソン)

Copyright © 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.